地方銀行でもメガバンクより金利の低い銀行がある!?

地方銀行でも、メガバンクやネット銀行よりも金利の低いところはあります。それではなぜ、ランキングサイトなどにはメガバンクやネットバンクばかりが紹介されているのかですが、そういったサイトは全国に対応している銀行を紹介しているからです。特定の地域に住んでいる人しか利用できないような銀行を紹介しても、多くの人にとっては無縁となります。同じことは、信用金庫についてもあてはまります。信用金庫は地方銀行よりもさらに地域密着性が高いのでランキングサイトで紹介されることはほとんどないですが、条件の良い金融商品が用意されているところもたくさんあります。

中小企業で働いている人などは、地方銀行をメインバンクとして利用しているという人も多いでしょう。給料の振込み口座に指定していたり、住宅ローンを組んでいる場合には、カードローンを優遇金利で利用できる場合もあります。基本的には、貯金や定期預金などは、カードローン借り換え審査に影響しませんが、メインバンクとして利用している銀行の場合には、貯金や定期預金の金額がわかってしまうので、有利に影響することがあります。

銀行はよく知らない相手に大金を貸すことには慎重になりますが、長い間取引をしてきて、毎月安定して高い給料が振り込まれていたり、定期預金を長い間積み立ててきているといった事情がある場合には、すでに信用が得られているので、審査に通りやすくなっていることでしょう。もちろん、メインバンクとして利用をしていなくても、その地域に住んでいる人なら、利用をしやすい金融機関なので、選択肢に入れることはおすすめができます。