総量規制外のキャッシングが出来る会社でお金を借りる

2010年に貸金業法が改正されて完全施行された事によって、お金を借りる際にはそれまでと大きな変化がありました。どのような変化があったのかというと、それまでは貸し手と借り手との間で融資可能な金額については自由に決められたのですが、それが制限されるようになったのです。

その制限というのは総量規制であり、年収の三分の一以下までしかお金を借りる事が出来ないように規制が設けられるようになったのです。総量規制が登場する前でも業者が審査を行う事によって返済するのに問題が無いかどうかをチェックした上で融資可能な額を決めていたのですが、それだと借金漬けになって債務不履行に陥る人が多かったことから社会上問題となって規制されるようになりました。規制されるようになった経緯を考えるとそれも仕方の無い事ではあるのですが、その一方でこの規制は特に専業主婦にとっては大きな問題となっています。専業主婦の場合は総量規制が適用されるとキャッシングを利用する事が困難なのです。

そこで総量規制外のキャッシングが注目されるようになったのですが、その総量規制外のキャッシングというのは規制を守っていない違法な業者という訳では無くて銀行の事を指しています。どうして銀行だと総量規制外であるのかというと、銀行の場合は貸金業法が適用される訳では無いので貸金業法が改正されたといっても総量規制に従う必要はないのです。つまり、専業主婦のような総量規制が問題となっている人は銀行で借りれば問題を解消できるという訳です。
総量規制とは | 貸金業法についてはこちら